薄毛の治療

  • Posted on 5月 19, 2016 at 11:29 PM

美肌テク

薄毛の治療は、ここ10年で大きく変わりました。主に男性の薄毛治療の分野ではその治療法が確立されたと言っていいでしょう。

年齢の割に薄毛が進み、治療をすべき状態の多くは、男性ホルモンが原因です。

髪の毛の根元にある毛乳頭細胞に活性型の男性ホルモンが作用し、抜け落ちるサイクルが短くなり、健康な髪の毛が育ちにくくなるのです。

しかし、この工程をブロックする薬、内服薬プロペシアが正式に認可され処方できるようになりました。また、髪の成長に必要な成長因子の分泌を促進する、ミノキシジルの塗り薬も世界と同じ濃度で使うことができるようになり、効果的な治療ができるようになったのです。

女性にも、男性型脱毛症が起こることがあります。プロペシアは処方できませんが、女性ホルモンのバランスを正す薬を処方します。

またミノキシジルやプロペシアの成分を液体化し調合したカクテルを頭皮に入れて行う、育毛メソセラピーというのもあります。

頭皮のための石鹸シャンプーもあります。患者さんの多くは、薄毛の原因は毛穴の皮脂であると思い込み、洗いすぎているのです。

皮脂は頭皮や髪の毛の保湿を担う大事な成分なので洗浄し過ぎると頭皮はより皮脂を分泌し、非常にバランスの悪い状態になります。

石鹸シャンプーは皮脂を取り過ぎないというのが大きなメリットなのです。髪の毛の表面をコーティングするような「いわゆる頭髪用シャンプー」を使用する場合には、そのような物質が頭皮に残らないように、きちんとすすぐことをおすすめします。

髪の毛を植物に見立てるなら、頭皮は育てるための畑です。生き生きとした髪のためには、まず頭皮の健康を維持することが大切なのです。

>>>白髪染めなら白髪染めランキング

Comments are closed.