水素について

  • Posted on 4月 10, 2014 at 9:38 AM

美肌テク

酸素には、電子レベルでほかの電子と結合する習性があり、息をすることで身体に取り込まれた酸素は、体内の栄養素と結合しエネルギーを作り出します。

この時、結合できずに余ってしまった酸素を活性酸素といい、老化や病気の原因になります。

水素には、この活性酸素に素早く反応する働きがあり、結合することで水に変化させます。

水となった活性酸素は体外に排出され、老化を防ぎます。

活性酸素発生の要因の一つとして紫外線がありますが、紫外線が皮膚を通ることで、皮膚の下にある酸素が活性酸素化し、くすみとして肌表面に顕在化。

そこで、水素を皮膚に投与することで、皮膚細胞の活性酸素に作用し、表皮に一番近いくすみに効果が目に見えて表れます。

水に変化するため副作用も起こらず、アトピー性皮膚炎の治療現場でも注目されているようです。

Comments are closed.