ハイドロキノンについて

  • Posted on 4月 10, 2014 at 9:30 AM

美肌テク

ポツンとできてしまったシミ、年々濃くなっていると気づいた時はとてもショックでしょう。

だからこそシミ対策は早めのケアが大切です。

美容クリニックでは、シミ治療といえば昔からハイドロキノンを処方してきました。ほかの黄白成分と違い、すでに発生したメラニンを取り除くことができる点や、メラニンの合成を阻止し、チロシナーゼ酵素の活性を抑える働きもあるため、シミ予防や対策には必須の成分です。

チロシナーゼ酵素とは、メラニンをつくり出す酸化酵素のこと。シミの抑制、美白効果は美白成分としておなじみのビタミンC、アルブチン、コウジ酸の10~100倍ともいわれています。

2001年までハイドロキノンは配合や処方には専門的知識が必要という理由で医療機関の医師しか取り扱うことができませんでしたが、現在はスキンケアコスメやエステティックサロンの美白メニューなどで体験できるようになりました。

また、ハイドロキノンとおなじような働きをする成分にプラセンタもあります。こちらもメラニンを取り除くことや、メラニンの合成を阻止する機能が期待されていますが、サプリメント等で簡単に利用できるため、より手軽といえるかもしれません。

Comments are closed.