Displaying 1 - 8 of 47 entries.

はじめに

  • Posted on 4月 10, 2014 at 8:59 AM

ビューティー(グリーンバック)

はじめまして。美容系薬剤師の管理人です。

こちらのサイトでは美肌テク100ということで、美肌になるための様々なテクニックをご紹介していきたいと思います。

ご愛顧いただければ幸いです。

管理人

[関連サイト] ファンデーション比較
[関連サイト] ヒアルロン酸比較

髪の毛もお肌と同じようにアンチエイジング対策を

  • Posted on 8月 23, 2016 at 2:49 AM

美肌テク

普段からの肌ケアや、日焼け止めを塗ってなるべくシミをつくらないようにしたり、シミが濃くならないように気をつけたりすることは大切なこと。

しかし沈着したシミは、レーザーやフォトフェイシャルで取り除くことをおすすめします。

特に「フォトフェイシャル(IPL)」は皮膚のターンオーバー・サイクルを利用した施術なので、顔全体に照射することでトータルなケアに有効です。

また、最新の機器「m22」による施術では6種類の波長を使い、その光の入れ方を選択できるので、シミだけでなくあらゆる肌の症状に効果的な施術が行えます。

施術後、そのままメイクをして帰ることができます

>>>美肌サプリメント比較

フォトフェイシャル

  • Posted on 7月 21, 2016 at 1:05 AM

美肌テク

化粧品でいくら隠してもシミが消えません。薄いシミから濃いシミまで改善方法はあるのでしょうか?

シミ消しには「フォトフェイシャル(IPL)」が有効です。

顔全体のケアもできます。

できてしまったシミはなかなか消えません。

肌の状態を適切に診断し、専門医が施術する「フォトフェイシャル」で顔全体のシミを取ってください。

>>>美肌サプリメント比較

機能性医学に基づいた皮膚再生法

  • Posted on 6月 21, 2016 at 9:25 PM

美肌テク

忙しい日が続くと顔に疲れが出てなかなか消えません。

以前のような肌を取り戻したい場合、グロースファクターをダーマペンで注入すれば、5年前の肌までリセットすることができます。

点滴で体内に導入する幹細胞療法を局所的に肌から導入する皮膚再生療法は、施術箇所のお肌の状態を5年前まで引き戻し、以前のような元気な素肌に戻れます。

年齢経過とともに身体やお肌の衰えは抗えないもの。そんな常識を覆してしまうのが「幹細胞療法」。

全身に分布する幹細胞は体内の弱った箇所に移動する特徴があり、弱った細胞を元気に若返らせるなど、幹細胞自身が弱った細胞に取ってかわります。この習性を活用したものが幹細胞療法。

自分の身体から採取した幹細胞を培養し、再び静脈点滴で体内に戻すことで身体の弱った箇所にアプローチさせ、内も外も若返っていくのです。

人によっては「お肌のキメが細かくなった」「シワやたるみがなくなった」「白髪が黒髪に戻った」という声も。

美肌と同時に健康面にも大きな効果があると期待され、5年という歳月をリセットさせてしまう画期的な療法です。

これを手軽にしたのが、「グロースファクター」を注入する皮膚再生療法。体内から身体全体にアプローチさせる幹細胞療法に対して、皮膚から局所的にアプローチさせる「グロースファクター」は日帰りで施術が可能です。

薄毛の治療

  • Posted on 5月 19, 2016 at 11:29 PM

美肌テク

薄毛の治療は、ここ10年で大きく変わりました。主に男性の薄毛治療の分野ではその治療法が確立されたと言っていいでしょう。

年齢の割に薄毛が進み、治療をすべき状態の多くは、男性ホルモンが原因です。

髪の毛の根元にある毛乳頭細胞に活性型の男性ホルモンが作用し、抜け落ちるサイクルが短くなり、健康な髪の毛が育ちにくくなるのです。

しかし、この工程をブロックする薬、内服薬プロペシアが正式に認可され処方できるようになりました。また、髪の成長に必要な成長因子の分泌を促進する、ミノキシジルの塗り薬も世界と同じ濃度で使うことができるようになり、効果的な治療ができるようになったのです。

女性にも、男性型脱毛症が起こることがあります。プロペシアは処方できませんが、女性ホルモンのバランスを正す薬を処方します。

またミノキシジルやプロペシアの成分を液体化し調合したカクテルを頭皮に入れて行う、育毛メソセラピーというのもあります。

頭皮のための石鹸シャンプーもあります。患者さんの多くは、薄毛の原因は毛穴の皮脂であると思い込み、洗いすぎているのです。

皮脂は頭皮や髪の毛の保湿を担う大事な成分なので洗浄し過ぎると頭皮はより皮脂を分泌し、非常にバランスの悪い状態になります。

石鹸シャンプーは皮脂を取り過ぎないというのが大きなメリットなのです。髪の毛の表面をコーティングするような「いわゆる頭髪用シャンプー」を使用する場合には、そのような物質が頭皮に残らないように、きちんとすすぐことをおすすめします。

髪の毛を植物に見立てるなら、頭皮は育てるための畑です。生き生きとした髪のためには、まず頭皮の健康を維持することが大切なのです。

>>>白髪染めなら白髪染めランキング

抜け毛の対策はありますか?

  • Posted on 4月 22, 2016 at 1:50 AM

美肌テク

頭皮の状態を健全化しましょう。

病的な状況であれば専門医に相談してください。

髪の毛を育てているのは根本にある毛乳頭細胞です。

毛乳頭細胞が正常に機能するよう、ホルモンバランスを正常化したり、頭皮環境を整える事が大切です。

40歳を過ぎると、女性で少しずつ髪が痩せて、薄毛が気になるという方が増えるようです。

歳とともに頭髪に変化が起こるのは男女限らず自然なことですが、中には何らかの要因で、男性の薄毛の症状と同じように男性ホルモンが作用して全体的に薄毛になってしまう方もいます。

また皮膚炎などでも髪の毛は薄くなります。そうした病的な要因の場合は治療が必要です。

しかし病気ではないけれど、薄毛を気にしている方も多いと思います。生え際やつむじ、分け目の部分が目立ち始めた、髪質が悪くなったというケースは頭皮のケアで予防をしていきましょう。

毎日、肌の手入れをするのと同じように、頭皮にストレスのない、石鹸が主成分のシャンプーを使って洗浄し、頭皮の状況を最善な状態にしていきましょう。

スカルプケアシャンプーは泡立ちの悪さや、髪がギシギシする感じといった石鹸の問題を解決。健康な髪が育つためのホームケアにおすすめです。

>>>白髪染めなら白髪染めランキング

皮膚科医が開発したハンドケア手袋

  • Posted on 3月 20, 2016 at 10:46 PM

美肌テク

実は私も肌の乾燥がひどくて毎日スクワランオイル入りのお風呂に入って、全身保湿剤を塗り込んでもダメなほど。

そんなある時、カシミアの手袋をハンドクリームを塗ってつけていたら数時間たっても手がしっとり潤っていて驚きました。

いつもならカサカサなのにどうしてだろうと。

考えてみると寝具や衣類は綿でこれにハンドクリームが吸収されているのではないという疑問を持ちました。

それでカシミアの毛は動物性だから油分を弾くけれど、綿やシルクといった素材は油分を吸い取るからクリームの効米が得られにくいのだということに気がついたんです。

通常、手荒れには保湿剤を処方して、それでもかゆみがおさまらない場合は軟膏で湿布したり、保温剤を塗りラップをするという方法ですが、手袋なら着用するだけ。

手軽であるほど続けやすいのです。

湿疹がある場合は、まず湿疹を治してからしようするようにしてください。

>>>保湿ならヒアルロン酸:ヒアルロン酸ランキング
>>>スキンケアなら美容液ファンデーション:ファンデーションランキング

カシミアの手袋ケアの手順

  • Posted on 2月 20, 2016 at 8:37 PM

美肌テク

ケア1:手は石鹸を使ったり、お湯で洗ったりするだけでも乾燥する原因に。保湿効果の高いハンドクリーミウをたっぷり塗りこんで。

ケア2:プロペドは伸びがよく、べとつかないのでアトピー性皮膚炎や乾燥肌のスキンケアにもよく使われる軟膏。油分が強いのでハンドクリームの保湿力をガードする役割に。

ケア3:カシミアの手袋を着用。就寝前にすれば寝ている間にハンドクリームなどの保湿力が浸透し、乾燥した皮膚を回復させます。

カシミア手袋は肌に刺激を与えないよう特別製法で作られた商品。臨床実績と実体験で手荒れに悩む患者さんのために作ったハンドケアアイテムです。

カシミア手袋は手の乾燥を防ぐものであり医療品ではありません。手湿疹がある場合は使用せず医師による治療を優先させてください。

>>>保湿ならヒアルロン酸:ヒアルロン酸ランキング
>>>スキンケアなら美容液ファンデーション:ファンデーションランキング

カシミアの手袋

  • Posted on 1月 19, 2016 at 11:20 PM

美肌テク

ガサガサで年齢以上に老けてみえる手で、ハンドクリームを塗っても効果がでない場合、カシミアの手袋でカバーして集中ケアしましょう。

せっかくハンドクリームを塗っても衣類などに触れてクリームの油分が吸い取られていることがあります。

カシミアの手袋は油分をはじき、保湿効果を高めます。

皮膚の老化は加齢とともに減少するコラーゲンや水分量、紫外線による光老化など様々な要素が合わさり進行します。

しかし、それ以上に老けて見えるのは手をよく使って乾燥しているから。

触る、洗う、拭く等、日常のあらゆる行為は皮膚を想像以上に酷使しているのです。

さらにハンドクリームを塗っても効果が出ないのは、クリームが衣類や寝具に拭き取られ皮膚に残っていないという理由も考えられます。

ハンドケアで大切なのは有効成分を皮膚に浸透させること。カシミア100%で作っている手袋は優しい手触りながら油分をはじき、保温性、通気性にも優れ、ハンドクリームの有効成分をそのまま皮膚へ浸透させることができます。

寝る前のハンドケア用におすすめです。